信州の健康寿命をもっと伸ばしましょう!

プロジェクト趣旨

  • HOME »
  • プロジェクト趣旨

げんきながいき信州プロジェクトポスター

 団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向かって、新たな健康・医療の国家戦略が推進されつつあります。平成26年7月には、「健康寿命の1歳以上の延伸」を達成すべき成果目標のひとつに掲げ、政府が閣議決定しました。「健康で、長生き」は、長野県のみならずすべての国民の願いです。

 長野県は、厚生労働省の調査で男女ともに平均寿命日本一となりました。日本一達成の背景には長野県ならではの健康への取組みや食生活の改善運動など、様々な要因が考えられています。この日本一の栄誉は「しあわせ信州」を掲げる長野県にとって喜ばしいことです。さらに、一人びとりが自ら心身ともに健康で暮らすことができる「健康寿命」を、もっと平均寿命に近づけることが重要です。

 このような長野県の健康増進を推進する上で、心疾患、高脂血症及び高血圧等による脳血管疾患の予防対策は急務であります。ちなみに脳血管疾患の死亡率において、長野県は全国平均を大きく上回っています。寝たきりの要因ともなる脳血管疾患を予防することは、長野県の健康寿命を延伸することにつながります。また長野県の成人男性の約6割、女性の約5割が高血圧もしくは血圧異常値を示しており、高血圧対策の啓発も、より幅広い年代に向けて実施する必要があります。

 長野県が更なる健康寿命の延伸を実現するには、まずは、県民一人びとりに、このような課題を知っていただく必要があります。さらに「心身ともに健康で長生き」を実現していくための、より具体的な情報を啓発することに大きな意義があります。また 健康長寿によって元気で働けることの長野経済に与える効果も期待できると言えるでしょう。したがって、短期間の事業ではなく、地道な健康寿命延伸のための戦略が求められています。

 長野県医師会では、地域医療・介護の現場からのメッセージを始め、県下各地で健康増進に取り組んでいる様々な活動や提言を盛り込んで、メディア等を通じて幅広い年齢層への啓発を継続することにより、多くの県民が日頃の生活を見つめ直し、健康寿命への関心が高まり、その努力を継続していただけることを願い、県民参加型・地域発信型の健康寿命延伸プロジェクトを推進いたします。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 長野県医師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.