信州の健康寿命をもっと伸ばしましょう!

地域編:松川村から…男性長寿日本一の村

趣味を楽しみ、地域を愛して、地域に貢献

matukawa1 今回、げんきながいき信州プロジェクトのテレビスポットで取材させていただいた松川村在住の高田尚武さん(現在83歳)は、安曇節の普及に尽力され、尺八を地域の福祉施設でご披露されるなど、実に精力的に地域のために活動されています。男性平均寿命82.2歳の松川村で、元気な高齢者の代表としてご登場いただきました。

 男性長寿日本一の松川村は、厚労省の2010年市区町村別長寿データが発表されてから、役場にもたくさんの問い合わせが寄せられ、その対応に追われたといいます。しかし、その長寿の要因は一体どこにあるのでしょうか? いろいろと推測されてはいますが、確かな裏付けとなる数値データが存在していないのが現状です。そんな中、松本大学観光ホスピタリティ学科の山根宏文教授によって、松川村の長寿の要因を探るため、アンケート調査が実施されました。

 調査対象となったのは、松川村に居住する82.2歳以上の男性(有効回収数149名)。2014年の6月と7月にかけて、戸別訪問面接調査を中心に行われました。
 アンケートの集計から興味深い結果が出てきました。山根教授の調査報告概要レポートから、いくつかの項目を以下に抜粋させていただきます。matukawa2

 長野県は、ソーシャル・キャピタル(地域の助け合いのチカラ)が高い地域と言われ、それが平均寿命の高さにもつながっていると指摘されてきました。松本大学による「松川村ご長寿訪問調査」は、その裏付けともなる貴重なデータを収集できたといえるでしょう。matukawa3

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 長野県医師会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.